ブログ

新宿駅西口 安倍晋三 総理・総裁の街頭演説会

新宿駅西口にて演説しました。すごい数の人々が足を止めてじっと耳を傾けてくださいました。拍手もたくさん沸き起こりました。
自民党に対する熱い期待を感じました。

 

(松本文明 演説内容)

私たち自民党は2年前、皆様方に約束をしました。私はその約束を今も忘れておりません。

成長する経済を取り戻して、雇用を確保する。国民の所得を増進する。これが一つ目の約束でした。昨年、15年 ぶりにベースアップがあり、今年もベースアップがありました。ボーナスも上がりました。来年もこの流れを止めてはいけません。

私たち自民党は、労働組合に代わって「給与を上げてください」「ボーナスを上げてください」と経営者の皆さん にお願いをし続けた2年間でした。しかし、その代わりにこの国の経営環境を改善し、景気を浮揚させるためだったらなんでもやります、と言 い続けてきました。国民の懐が温かくなるまでやり続ける、これが自民党の信念です。

私たちは、普通に働けば普通に暮らしていける日本を復活させて、なお努力する人はきちっと報われる社会をつく りたいのです。

2つめの約束、東日本大震災の復興なくしてこの国の復興はない、自民党が示した強い覚悟です。あれから2年、 私たちは復興のスピードを上げるために、現地にしっかりとした対策本部を設け、そして、現地に権限と予算を集中させ、被災地の皆さんがわ ざわざ霞が関まで陳情や相談に来られたりしなくても、スピーディに対応できるシステムをこの2年間で積み上げてきました。被災地はいまだ に厳しい中にありますが、しかし、それでも被災地の皆さんの行く手に光が見え始めています。ぜひ皆さん、被災地を忘れることなく引き続い てご支援ください。私たちも力いっぱい、「被災地の復興なくしてこの国の復興はない」、この信念を貫き通してまいります。

3つめ、この国の領土、領空を毅然として守り抜きます、と約束をしました。そのための法整備をきちんとします と約束しました。この約束に基づいて尖閣、そして、小笠原における傍若無人の他国の振る舞いに対峙をしています。

海上保安庁の船や乗組員がどれだけの苦労、危険の中でこの日本を守っているか?私たちはその隊員に感謝をしな がら、バックアップをきちんとしてまいります。

そして、私たちは世界に類のない高齢化社会を活力を持って乗り切ると約束をしました。今、特別養護老人ホー ム、デイサービスセンターが不足しています。リハビリ施設が不足しています。とりわけ、東京の住環境を考えると、急がなければならない課 題であります。心して取り組みます。ぜひ力を貸してください。

これらの課題は、大変にお金がかかります。毎年、一兆円を超える財源が必要になってきます。これを介護保険 料、保険料の値上げや消費税アップだけで賄えるか?、そんなことだけではできません。中小企業の経営者や社員の皆さんが「これ以上、保険 料を上げられたらたまらない」と口々におっしゃる。その通りです。成長する経済がもたらす富によってそれらの財源を賄わなくてはいけない と思います。

今は1にも2にも成長する経済、景気を良くすること、国民の懐を温かくすることに、全身全霊を傾けて努力しま す。

ご支援をいただきますようお願いを申し上げます。

関連記事

ページ上部へ戻る